動物取り扱い業登録(保管・動愛第77号ー訓練・動愛第78号)
登録年月日・平成18年9月3日   有効期限・平成33年9月2日


9月上旬の西森

朝晩の空気が少し変わってきましたが
それでも日中はまだまだ残暑が厳しい毎日です。

8月末、小型犬組の水泳教室を行いました。
毎年、誰かが見事な泳ぎをマスターして皆を驚かせてくれるのですが

今年は↑このボストンテリア達に平成最後の夏のMost Valuable Swimmer・MVS賞を捧げたく思います。

彼らの名誉のために補足しておきますが決して溺れているわけではありません。
彼らなりに必死に泳いているのです。
その必死さは目を見れば一目瞭然です。
画像提供のT様、ナイスショットをありがとうございました。

沢山の犬達に集まってもらいました。
犬もご家族の方々も楽しみながらいろんな経験を通じて
犬との暮らし・遊びの楽しさを感じて頂ければこれに勝る喜びはありません。

さて、次回はどこへ行って何をして楽しもうか?
まずは、もっと涼しくなって欲しいですね。


9月中旬の西森

最近読んだある記事に深く納得させられました。
幼児教育についての記事でしたが『自己肯定感』について

『良くできたね・それでいいんだよ・偉いね』と
自分の行動・存在・考え方を認められて育つ子と
『これはダメ・あれもダメ・どうして判らないの?』と
                       言われて育つ子とでは大違い、というもの。

考えたら当たり前の話で、誰だって褒められたいし褒められると嬉しい。
話はそれだけでは無くて、そういった『自分が認められた』という自信はやがては自分の心の芯を作り
成長と共に行動や環境が社会と交わるステップへのゆるぎない足場になるものなのだとあった。

私は仕事柄、問題行動を抱えた犬と接することが多いのだけれど
いろんなケースの問題がある中で、自己肯定感があれば防げただろうにと思うことが少なくないと感じる。
メディアの影響なのか、生き物との暮らしを安易に容易かつメルヘンに思われても困る。
偉そうなことを言ってますが、私もまだまだ未熟者。
感情があり心のやりとりが出来る生き物と暮らしていくことを改めて考えさせられております。


ドッグトレーナー 西森